banner

堂々とお金の事を話すのがFXでは大事


現在の日本は、どこかお金の話題を何かしら後ろめたいもののように思っている一面が感じられます。
お金の話をすると、それが何となく卑しいように思えるという風潮が感じられます。
例えば誰かと会話をする時に、お金お金と連発したとします。
すると周囲から「お金の事ばかり考えて卑しい人」等のように思われてしまう傾向が、今の日本にはあります。
お金の事を話すのは、何となく後ろめたいという雰囲気さえも感じられます。
ところが実はお金の話を避けたがる人というのは、稼げない傾向があるそうなのです。
なぜならばお金の話を避ける事で、あまりお金の事を深く追及しないからです。
お金の事を深く追及しない事には、最終的にお金はあまり多く稼げない状態につながってしまうわけです。
FX取引で利益を得ようと思うのでしたら、まずは上記のような考え方が自分にも無いか否かを一度見直す必要があるかもしれません。
お金を深く追及しない事には、FXで利益を出す事ができません。
FXでお金の事を話すのは、決して恥ずかしい事でも後ろめたい事ではないわけです。
むしろ積極的お金の事を話すのが、FX取引で利益を出せる事につながるのではないかと思っております。
何しろ大事なお金を稼ぐためですので、そこには恥も外聞もありません。
仕事で誰かを怒る際には、多くは経費などのお金が関係しているものです。怒る時には恥も外聞もありません。
お金の話題を後ろめたく思わず、堂々とお金について話す事ができるトレーダーになりたいものです。

ATM利用でお金を使っているという実感を持つ


多くのFX口座開設の業者では、2つの方法で口座に入金をする事ができます。
1つ目はクイック入金といって、ネットバンキングを利用して入金する方法です。もう1つは通常のATMを利用して業者に入金をする方法です。
手数料に関してはクイック入金の方が安くなります。という事はクイック入金を利用した方が、いろいろな意味でお得と思われるかもしれません。
ところが実はクイック入金には、そのメリットが逆にデメリットになってしまうという考え方もあります。
というのも入金が手軽なので、手元にお金があるという実感が湧きづらくなります。
なぜならばクイック入金ではインターネットを使いますので、手元で札束を見る事ができません。
という事はATMでの入金と比べると、クイック入金は自分のお金を使っている実感が湧きづらいという意見もあるわけです。
それならば大きな損失を出さないようにするために、むしろクイック入金ではなくATMでの入金を利用するという意見もあります。
というのもクイック入金では手元で自分の札束が見えないので、ついつい入金をしてしまって大きな損失が発生してしまう事にもなりかねません。
それを防ぐ意味でも、手元に札束を用意してATMで入金をするわけです。
その手順を踏んだ方が、大事にお金を使うという意識につながるという考え方に基づくものです。
このようにネットバンキングには、目に見えないものを扱うという点で少々怖い一点があります。
もっと私の場合は、たとえ目に見えなくても使っている実感があるのですが。

Copyright(c) 2013 FXで大事なお金に対する気持ち All Rights Reserved.